4.

Kyoko Range工房 @エムズコレクタブルズ分室ten

たくさんの国から集めてきた素材からオーダーをいただく方のイメージに合わせて素材合わせをしていきます。

英国、ベルリン、ブルガリア、ルーマニア、ポーランド、インド、ブータン、日本、パリ、オランダなどなど。

捨てることのできない端切れ、古い引き出しから出てきた紐、リボン、ボタン。焼き物で作ってもらったボタンなど。

今回はこれからの季節に合わせて気持ちよくお出かけができるマフバッグの形を夏版にしたものを特にご提案したいと想っています。

リュックを前に持つような、托鉢に並ぶ僧侶の格子のようなもの。冬はこのポケットに手を入れることでマフのような役目もできます。

両手が空くこと。携帯のようなものが取り出しやすいこと。旅行時には大切な書面類も入るジッパー付きのポケット。

​シンプルなスタイルに沿うように装着するバッグです。その他にも今までの作品もお見せする予定です。