​BoTree

インドネシア バリ島の山側の街、ウブドで作られているバティック。

伝統的なろうけつ染めの技法で布を作っていますが、色や柄が従来のバティックとはちょっと違う。「モダンで可愛い…」

​そんな布、BoTree

バティックとはなんだろう? 
まず布にロウで絵や模様を入れてから、染液に浸けて色をつけます。
布に色がついたら、お湯で煮溶かしてロウを落とします。

それを洗って、天日に干します。

天日干しにすることで発色がよくなるんです。

ロウを入れる方法は2種類。スタンプか手描きです。

手描きは通常、チャンティンという道具で細い線を
入れますが、ボートゥリーの布は筆で大胆な模様を入れています。

 

染、柄付け、全て手作業で出来ています。

手作業だからこそ、全く同じものは2つとありません。

DSC06057.jpg
DSC06066.jpg

スカーフ ショール

​大きなサイズの布でも薄手なので、羽織ったり、首に巻いたりと四季を通して活躍します。大判の布は綿100%なので、肌触りもやさしいです。

DSC_1703.JPG

カーテンとして

透け感が美しいBoTreeの布はカーテンとしてもおすすめです。

​木漏れ日やそよ風を美しく演出してくれます。

DSC_2011.JPG

小物

端切れを使ったトートバッグや風呂敷、ポーチなども展開。

唯一無二の自分だけの小物です。